giant盗難されていまだ行方知れずの初代MTB

1990年代、横須賀に住んでいた時に、久里浜の名島輪業という所で購入したGIANTです。
後から知ったことですが、有名な頑固親父のお店で、某有名国産メーカーのMTBを買おうとしたら、そんな物は偽物だと言って売ってくれませんした。
それでしかたなく、奥さんになんとか頼み込んで当時まだ珍しかったカーボンフレームのGIANT CF3(台湾製)を9万円も出して購入したのでした。もともとXCレーシングモデルで、カーボンフレームで非常に軽く、当時のダート用のごん太タイヤなど含めても11kgくらいしかありませんでした。2代目のデュアルサスMTBを購入してから(大学の駐輪場から行方不明となる前)は、スリックタイヤに履き替え、ハンドルをショートステーに切り詰めて、カスタムヒルクライム用にしていたのになー、あー残念。
この自転車で参加した、三浦半島マグロ三昧と七福神巡りサイクリングは、私の自転車遊びの原点です。武山たんぽぽサイクリング倶楽部は健在でしょうか。

schwinn2代目のデュアルサスMTB

新潟に転勤になって、山道散歩にはまり、GIANT CF3にフロントサスペンションを付けたいと思っていたら、やりました。改造してサスペンションを取り付けるより最近では、ほとんど同じ出費でフルサスの新車を購入できてしまうんですね!うちの奥さん太っ腹。
アウトドアショップWEST新潟店でかなりまけてもらいました。SCHWINN99年デュアルサスペンション展示会用のプロトタイプの様です。
うちの奥さん曰く、郵便屋さんの自転車みたい!だと、
基本的にはダウンヒルモデルだと思うんですが、オールランドクロスカントリー仕様にしてもいいかな?なんて想いつつ、この真冬の雪の降りしきる時期に新潟で自転車を買うだなんて、酔狂なおやじだな、やっぱり。

十字峡渓谷のMTB散歩コースをご案内します。

十字峡は、三国川の上流部に位置しています。三国川は、南越後の有名河川、魚野川の支流のひとつで、越後三山のひとつ、中ノ岳付近から湧き出る清流です。三国川に黒又沢と下津川が出合い合流する付近が、十字峡渓谷と呼ばれる秘境だったんですが、近年、ロックウェル工法の巨大なダム(三国川ダム)が完成し、しゃくなげ湖という人工湖ができました。これにともない、しゃくなげ湖畔開発公社による周辺の観光開発が進み、オートキャンプ場や野外コンサート会場、全面芝生のサッカーグランドなどが整備されました。また、十字峡渓谷の景観、渓流釣りの名所としても知られ、アウトドアレジャーの隠れた人気スポットとなっています。

jyujimap

関越高速六日町インターチェンジから五十沢地区方面へ向かうことになります。およそ20kmくらい、時間にして20分くらいと思います。
六日町インターから国道17号線方面へ左折し、長岡方面へ向かい、最初の信号を右折したら二日町方面 へ。魚野川を渡って、五十沢方面へ直進します。
ひたすら山を目指して道なりに進むと、石を積み上げて作った三国川ダムが見えてきます。

十字峡渓谷は、入り口まで車で行けますが、その先は、許可を受けた車しか立ち入ることができません。このため、丹後山から中ノ岳などへ行く登山客、熱心な釣り人、山菜取りのおじさんなどしか奥まで(熊が出ることで有名!)行く方はありませんが、紅葉の見事さとエメラルドグリーンの清流が見事です。

虹の滝

ただ、私の行った10月4日では、ほんの少し紅葉に早かったようで、見頃は、10月中旬からのようです。
また、下津川方面へ散歩に行くのもいいですよ。子供づれは、キツイかも知れません。
もし、見に行かれた方がありましたら感想などメール下さい。

次回は、もし良い写真が撮れたら、谷川岳の難所、上杉家の参勤交代道、清水峠近辺でも紹介します。